RISEN

A testimony by Maki Kuratani from CCMC's Japanese Ministry



I have been baking bread every week using natural yeast.


First thing in the morning, I’ll take the yeast out from the fridge and add flour. The dough will complete final fermentation by the evening. I always smile when I see the well-raised, fluffy, soft dough. The bread will be ready at around 9 pm. Preparing it is a whole-day process. I enjoy eating the bread that I bake every morning with my husband. I do wonder if he is bored of eating the same thing daily. As for me, I treasure the conversation we have while we eat together.

Recently, a church friend shared that she used organic yeast to make bread. Her dough failed to rise well and hence the bread was hard. So, I also tried using organic yeast. Indeed, the bread turned out to be hard, tasted sour and failed to rise. It didn’t taste good at all although it took so much effort and time.


I came to Singapore more than 10 years ago. I am grateful that I am able to find jobs despite numerous job changes. This would be impossible if I were to live in Japan. But deep in my heart, I felt something was missing. I was blessed with many things, but yet I still felt unsatisfied and frustrated. I did my best, and I always tried to do the right things, yet my dissatisfaction with life never seemed to end. For a long time, the monotonous routine of juggling work and housework gave me no inspiration nor meaning in life. My life was like the bread made of organic yeast - it was sour, hard and stagnated.


In May 2016, I married a Singaporean who is a Christian. His uncle is a pastor and most of his family and relatives are Christians as well. Even before I got married, I attended several church events with him. Due to the language barrier, I had difficulty understanding the sermons. I felt isolated and lonely. “Why do Christians celebrate and rejoice upon the death of Jesus who was crucified on the cross?” This really puzzled me.


My husband always keeps calm even when I am anxious and irritated. At times, I am frustrated by his calmness. Witnessing his faith in God created a lot of question marks in my head.


In November 2018, prior to the Covid pandemic, I stumbled upon a seminar that was organized by the CCMC Japanese Christian Fellowship (CCJCF) on the internet entitled “God, Our Creator - An Introduction to Jesus Christ”. A talk conducted in Japanese was rare and I was motivated to sign up. When I thought about it now, I feel that God was leading the way.


In year 2020, during the spread of the pandemic, I was invited to attend the monthly Alpha Course organized by CCJCF. The members of CCJCF were friendly and patiently answered all my questions. They were helpful to someone like me who was still learning to understand God and the Word of God.


Last July, I participated in the "Online Fellowship for Japanese Women" by CCJCF and shared about feeling isolated and lonely when I listen to English sermons. After that, a “Japanese Ladies Small Group" was formed by Sister Yuka Kwan from CCJCF and CCJCF ministry partner Aoi Takano. This small group is intended for those who share similar experiences and who want to know about basic Christianity in Japanese. Learning the scriptures from the Bible in our mother tongue helped us to bond together. We also encouraged and supported each other in prayer. I have never experienced such loving spiritual sisterhood until then. I tried to read the Bible many times before but I always ended up giving up half way. However, ever since I joined this small group, I started to pick up the habit of reading the Bible daily and I enjoy reading it. During the last session of the “Basic Christianity” course, I decided to accept God as my Saviour as I felt the Holy Spirit working in me.


Now, I wake up earlier than my husband on Sunday, and I look forward to attending church service, listening to the sermon and fellowshipping in church. A year ago, I could never imagine that my life can be so enriched. After knowing God, my heart is filled with God’s love, and my days are so fulfilling. I also thank God for His sacrifice on the cross for us.


I believe that God has been putting yeast into my life. He has been patiently working on me and allowing my faith to slowly ferment and grow. The frustration and loneliness that I felt have now disappeared completely, and I have been set free. I thank God for sending these loving, caring brothers and sisters in Christ and CCJCF members to me.


Watching the bread rise slowly in the oven this week made me smile as I know that is exactly how God is working in my life.


As Jesus said in a parable in Matthew 13:33: “The kingdom of heaven is like yeast that a woman took and mixed into about sixty pounds of flour until it worked all through the dough.” 




倉谷真紀さん証し


私は、毎週天然酵母でパンを焼いています。


朝起床したらすぐ酵母を冷蔵庫から取り出し、エサになる小麦粉を与えます。焼き上がるのは午後9時頃になるので、一日がかりの作業になりますが、夕方頃にはパン生地が膨らみ、ふわふわになっているのを見ると、愛おしく感じ、にっこりしてしまいます。焼き上がったパンは、主人と一緒に毎朝楽しんでいますが、主人はいつも同じパンにもう飽きているかもしれません。夫婦で同じものを食べて、今回はどうだったかお互いの意見を共有できるのは嬉しいなと思います。


最近、教会で知り合った方から、オーガニックで起こした天然酵母でパンを焼くと、いつも膨らまずに固いパンになってしまうと聞きました。私もオーガニックの小麦粉を買って、酵母を起こしてパンを焼いてみたのですが、酸っぱくて、硬くて、ボソボソしたパンになってしまいました。美味しくなく、もっと言えば食べるのが辛い・・・。あんなに手間と時間を掛けたのに・・・。


シンガポールに来て10数年。日本で生活をしていたら正社員の仕事には就けていなかったと思いますが、転職を繰り返しながらも、継続的に仕事が続けられていることに感謝しています。しかし、私の心の中は、いつも満たされない気持ちでいっぱいでした。恵まれているはずなのに、なぜかいつもイライラして、私は頑張っているのに、私は正しいのに・・・と愚痴が絶えませんでした。また、毎日仕事をして、家事をして、床に就くという代わり映えしない日々を淡々と過ごすことに、希望も意味も感じられませんでした。まるで、酸っぱくて、硬くて、ボソボソとしたあのオーガニックの小麦のパンを食べ続けているような辛い日々でした。


2016年5月、シンガポールの方と結婚しました。牧師をしているおじさんがいるほど、彼も含め家族、親戚は、ほぼ全員クリスチャンです。結婚する前から、クリスマスなどのイベントの度に主人について教会に行きましたが、英語という壁もあり、牧師先生の説教内容が分からず孤立感を抱きました。「あんな酷い死に方でイエス様が死んでいるのに、クリスチャンは何を喜んでいるのか」と強く疑問を持ちました。


私の主人はいつも穏やかで、どんな状況でも焦らず落ち着いています。私だったら、じたばたと足掻いてしまうような状況下でも、彼は動じることなく、いつも冷静です。逆になぜそんなに落ち着いていられるのかと、主人に対してイライラしたこともあります。一方、彼の敬虔な信仰を目の当たりにして、彼が信じる神様についてどんどん疑問が湧いてきました。


まだコロナウイルスが現れる前の2018年11月、たまたまイベントサイトでCCMC日本語クリスチャンフェローシップ(CCJCF)主催の講演会「創造主なる神、イエスキリストの紹介」があることを知りました。単発の、それも日本語で開催されるイベントは珍しく、導かれるように参加しました。今思うと、そのイベントに目が止まったのは、神様の摂理があったからだと思います。コロナウイルスが蔓延した2020年に、CCJCFからアルファコースの案内をいただいて、月1回オンラインで参加するようになりました。クリスチャンの方の考えを直接聞いたり、意見交換をしたり、私にとってとても貴重な体験となりました。また、CCJCFのメンバーの方は皆さん優しく、求道中だった私の質問にも忍耐強く答えてくれました。


昨年7月、CCJCF主催の「日本人女性のためのオンライン・フェローシップ」に参加した際、英語礼拝で孤立感を抱いたという悩みを打ち明けました。聞いてくださった有志の高野あおい伝道師とクワン有花姉妹が、同じような悩みを持った日本人女性を集め、「日本人女性スモールグループ」を作り、キリスト教入門講座(Christianity Explained)を開催してくださいました。母語である日本語で福音の基礎を学び、参加者たちとは励まし合い、支え合い、祈り合い、今まで経験したことがなかった愛に溢れる霊的姉妹の関係になりました。また、何度挑戦しても途中で挫折をした聖書通読も、このグループに参加してから、一切飽きることなく聖書を毎日読む習慣ができ、御言葉に触れ、それを味わう喜びも知りました。最後のセッションでは、聖霊様の働きにより、イエス様を受け入れてみようと信仰に導かれました。そして、今では主人より早く起床し、毎週教会へ通うようになり、礼拝での説教や礼拝後の兄弟姉妹たちとの交わりをいつも楽しみにしています。

1年前、自分の人生がここまで充実して満たされるとは想像もしていませんでした。神様と出会って、私の日々は潤いに満ちています。そして、今は、私もイエス様が十字架にかかって死んでくださったことに喜びを感じています。


神様は私の人生のどこかで私に酵母を入れてくださったのだと思います。神様は、私の信仰のパン種をゆっくりと忍耐強くこねて、また、ゆっくりと私の中で発酵を進めてくださいました。これまで感じていたイライラや孤独感は一切消え、私は解放されました。CCJCFの皆様をはじめ、たくさんの兄弟姉妹たちと知り合うことができ、神様の大いなる祝福に感謝しています。


今週もパンが膨らむのを見て、神様が働いてくださっていることを感じながら、一人でこっそりにっこりします。


天の国はパン種に似ている。女がこれを取って三サトンの粉に混ぜると、やがて全体が膨れる。(マタイの福音書 第13章33節)